吹上浜と砂文化

吹上浜について

吹上浜の空撮写真

「日本三大砂丘」のひとつに数えられる吹上浜(ふきあげはま)は、 鹿児島県薩摩半島の西岸に位置し、東シナ海に面しています。

南北約47km、幅2~5mにわたり広がる吹上浜は、国内で1番長い砂丘です。

砂文化について

世界中の様々な国や地域に砂文化は存在しており、多くのサンドアーティストが活躍されています。

ここ南さつま市でも、日本三大砂丘の吹上浜を活用して、砂のイベント「吹上浜砂の祭典」を毎年5月に開催しています。高いレベルの芸術作品を展示するため、日本各地の砂像連盟のグループや世界中からプロの砂像作家を招待しています。