砂の祭典について知りたい

「吹上浜砂の祭典」のことがもっとよく分かる情報を掲載しています。

「吹上浜砂の祭典」とは?

know-introduction.jpg

「吹上浜砂の祭典」(ふきあげはますなのさいてん)は、鹿児島県南さつま市(旧加世田市)で行われているイベントです。
メイン会場の鹿児島県南さつま市砂丘の杜きんぽうは、はるか東シナ海を臨む「日本三大砂丘」のひとつに数えられる吹上浜(ふきあげはま)に位置しています。
この吹上浜の砂を活用することで、自然環境の大切さを再認識し、人と自然が調和した21世紀にふさわしいイベントを目指しています。

【関連ページはこちら】

「吹上浜砂の祭典」が始まったのはいつ?

know-start-sandfesta.jpg

「吹上浜砂の祭典」は1987年(昭和62年)。
鹿児島県の南西部にある加世田市の市民が、地元の美しい砂浜を生かして町おこしをしたいという熱い思いから始まったイベントです。
高いレベルの芸術作品を展示するため、日本各地の砂像連盟のグループや世界中からプロの砂像作家を招待しています。

【関連ページはこちら】

「吹上浜砂の祭典」会場の4つの見どころ

know-sculpture.jpg

1.精緻に彫られた迫力のある砂像

吹上浜砂の祭典では、毎年イベントテーマを決め、テーマに沿った砂像を作ります。
会場内には、巨大なメイン砂像(8m~3m級)をはじめ、大小合わせて約100基もの砂像が並びます。
砂像を作るのは、世界中から招く招待作家(砂像制作のプロ)、地元有志グループ、地元小中学校の生徒たちです。
また、砂像制作には、地元のボランティア1000人以上が協力をしています。

【関連ページはこちら】


know-sand-and-flower.jpg

2.花と砂像の共演と音と光のファンタジー

雄大な砂像群を飾る色とりどりの花々(約1万5千本)は、会場の散策をいっそう楽しいものにしています。
またゴールデンステージ期間中に連夜開催される「音と光のファンタジー」は、夜にライトアップされた幻想的な砂の像を舞台に、華麗なライティングと花火、そしてドラマチックな音楽の饗宴が繰り広げられます。
息をのむ迫力、心が躍るドラマチックな演出はぜったい見逃せません!

【関連ページはこちら】


know-event.jpg

3.イベント・各種体験コーナー

ステージショーや砂像制作体験コーナー、星空観察など様々な体験型イベント、地域資源を活用した広域イベント、スタンプラリーなど、魅力ある企画が盛りだくさんです。
大人はもちろんご家族や小さなお子様も一日中、楽しんで、遊んで、学べること間違いなしです。

【関連ページはこちら】


know-gourmet.jpg

4.グルメ通り・物産ゾーン・展示コーナー

会場内には、南さつまの美味しい名物がいっぱいのグルメ通りや毎年大盛況の物産コーナーが設けられており、見て学べる各種展示コーナーなども充実しています。

【関連ページはこちら】


「吹上浜砂の祭典」入場チケット

「吹上浜砂の祭典」入場チケット

「吹上浜砂の祭典」のメイン会場にご入場いただく際は、入場チケットが必要です。
吹上浜砂の祭典は、「ゴールデンステージ」「セカンドステージ」の2部構成のため、入場チケットも2種類ございます。
ご購入の際は、お間違いのないようご注意ください。

【ゴールデンステージ】
大人1,000円(前売700円)、小・中学生500円(前売400円)

【セカンドステージ】
大人500円、小・中学生300円(当日券のみ)

お得な「前売り券」は、2017/3/1~2017/5/2まで発売中です!
当日券は、会場の入場ゲート前にてすぐにご購入いただけます。
また、チケット裏面に記載されています対象施設・店舗では、お得なチケット特典もご利用になれます。

【関連ページはこちら】

「吹上浜砂の祭典」会場へのアクセス

know-access-map.png

お車でお越しの方は、鹿児島市内から会場まで約60分。
会場には、約1,600の無料駐車場を整備しています。
公共交通機関でお越しの方は、鹿児島中央駅より、会場までの直行シャトルバスをご利用いただけます。(ゴールデンステージ期間のみ運行

【関連ページはこちら】